「映画クレヨンしんちゃん『オラの引っ越し物語サボテン大襲撃』」のラスト

Pocket

今回の舞台はメキシコで、大好きだった春日部の人々ともお別れで最初から感動です。

しかし、メキシコのキャラクターも魅力的でいい人ばかりでした。こっちでの生活の話もいくつか見てみたい。

映画主題歌はゆずの「OLA!!」です!メキシコでは「オラ!」と挨拶するので、リズミカルでピッタリの曲となっています!

映画オリジナルキャラクター

  • マダクエルヨバカ町長
  • レインボー仮面
  • マリアッチ
  • カロリーナ先生
  • スマホちゃん(フランシスカ)

春日部からメキシコへ

何気ない日常を過ごしていたしんのすけですが、ひろしの会社でサボテンに実る美味しい蜜を双葉商事で商品化したいとのことでひろしがメキシコ支社の部長に任命されます。未知なる生活一人で行こうとするひろし。みさえは家族のことを一人で抱え込まないでほしいと一緒に行くことを決意。

 

しんのすけも幼稚園や春日部のみんなともお別れ。最後にカスカベ防衛隊バッジを渡されます。みんなしんのすけとの別れを惜しみます(泣)。しんちゃんはみんなからとても愛されていたんですね。

 

電車で空港に向かっている時に風間くんがしんのすけにさよならを言いに走って来ました!このシーンに最初から泣かされました。いつも振り回されているけれど、風間くんは本当にしんのすけが大好きだったんだね。

メキシコでの生活

きれいな海にきれいなお姉さんにメキシコ最高!と思うのも束の間、住むことになる町は何だか薄暗い。パンフレットでは豪華に見えた新居もまだ建設途中。

 

しんのすけはマイペースで幼稚園のカロリーナ先生にメロメロ。しかし、シロは野良犬に餌を取られ、ひろしは取引先の町長に煙たがられ、断水もたまに起きるという環境に困惑。

キラーサボテンの襲来

カロリーナとダンスの約束したしんのすけは家族でサボテンフェスティバルに参加。ダンスにプロレスにと盛り上がっていた中、祭りの目玉のサボテンが大きな花が咲くと、なんとサボテンが人を喰らい始めました!

 

銃弾で撃ってもすぐに再生してしまいピンチになりますが、野原家とカロリーナは何とかバーに避難。しかし、外から助けを呼ぼうにも電波が通じません。

 

しかしいつまでも留まってもいられないため、食料などを蓄えに行くひろしとしんのすけ、少女のフランシスカ。慎重にスーパーに行きますが、帰りに見つかってしまいます。

 

そしてバーに侵入して次々と襲いかかるキラーサボテンを前にバスで逃げようとします。必死でバスで逃げますが、崖に激突してサボテンたちに囲まれてしまいます。絶体絶命と思われましたが、バスのレコードが鳴り出し、サボテンたちは一目散にバスの方へと向かって行きます。音に反応することが分かりました。

サボテンランドで作戦会議

何とか逃げ切った野原家、カロリーナ、スマホちゃん、マリアッチ、レインボー仮面たちは町長に連れられてサボテンランドに避難。

 

音に反応することが分かったので、橋を渡って町を離れようと考えます。そしてお金を入れて子どもが乗れるメロディーペットのサボちゃんにダイナマイトを装着させて少しの間サボテンたちを足止めする計画を立てました。

途中までは上手く事が運びましたが、落ちているサボテンの実でサボテンの進行方向が変わり、渡るはずの橋が壊れてしまいました。そしてキラーサボテンに追われてみんなバラバラになってしまいます。

 

しんのすけは町長と一緒に逃げます。何とか巻いて食料を取りに行く途中で、昔は町がまだ発展しておらず、やっとの思いでサボテンによって活性化してきた苦労話を聞きます。

そこで銃もダイナマイトも効かなかったキラーサボテンにしんのすけが小便をかけたことで水には弱いことを発見します。

キラーサボテンとの決戦

他のみんなは既に戻り、しんのすけたちの帰りを心配したみさえたちでしたが、無事帰って来て一安心。キラーサボテンは水に弱いことを確認した一同で最後の作戦を練ります。

しかし、巨大な女王サボテンに打ち勝つには大量の水が必要になります。そこで、雨季に備え水を溜めた給水タンクの水を巨大サボちゃんバルーンに溜めてそれを被せれば倒せる計画を立てました。

オカマ化したマリアッチと覚悟を決めたレインボー仮面がサボテンたちを引き寄せてくれる間にしんのすけ・フランシスカ・カロリーナグループは元栓を開けに、ひろしとみさえはバルーン運ぶ手筈を整えます。

 

夜明けと共にミッションスタート!

マリアッチとレインボー仮面が音を出してサボテンを惹きつけている間にしんのすけグループが苦労しつつも何とかタンクの元栓を開け、バルーンに水を溜め込むことに成功。

そして元凶の女王サボテンを町長が上手く誘導し、バルーンをぶつけますが、大きな足にはトゲがなくバルーンが割れません。

しかし、誤ってバルーンと落ちたしんのすけが空中に打ち上げられ、落下を利用してカスカベ防衛隊バッジの針をバルーンに突き刺し水を噴射することに成功!キラーサボテンは倒され、吸収されたと思われた町の人々も無事でした。でめたし、でめたしです。

エンディング

エンディングでは甘い蜜が実るサボテンはなくなったため、春日部にまた帰る便りが風間くんの元に届きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です